ホーム くらしの安全子供を守る非行・被害防止広報啓発マンガ贈呈式の開催

広報啓発マンガ贈呈式の開催

 2月19日、山口県カラオケスタジオ防犯協議会会長仲間信男様から、広報啓発マンガの寄附を受けました。
 マンガでは、主人公が、スマホ依存傾向にある高校生とその保護者からの相談を受け、高校において、インターネットに潜む危険性等について紹介する内容が描かれています。
 山口県警察では、今後県下の各学校に配布するなどして、マンガを活用することとしています。

ネット問題対応チームによる対応

 山口県警察では、県教育庁と連携し、平成20年10月以降、児童・生徒が関係したインターネット上のトラブル事案(掲示板への書き込みによるいじめ等)を認めた場合、必要により、学校、市・町教育委員会とチームを立ち上げて対応しています。

ネット問題対応チームとは・・・

 これは、ネット上でのトラブル事案が、不登校や引きこもり、あるいは自殺といった大きな事案に発展する前に、早い段階で対応することにより、非行や被害を未然に防止しようという目的から設置しているものです。

ネット問題サポートチーム1
ネット問題サポートチーム2

(編集 少年課)