ホーム くらしの安全子供を守る非行・被害防止少年の万引き防止

少年の万引き防止

万引きの現状

 令和2年中の県下における少年による万引きの検挙・補導人員は減少傾向にありましたが、刑法犯少年全体の約4割を占めており、少年の万引き防止対策が重要な課題となっています。
 山口県警察では、こうした現状を踏まえ、デパート・スーパー等防犯協議会との連携を図る他、万引き防止用教材を活用し、少年の規範意識向上に向けた取組を推進しています。

教材(パワーポイント)について

教養対象、所要時間

 小学生、概ね30分

ストーリー

 小学生3人が万引きすることを相談し、それぞれ役割分担して実行したところ、お店の人に見つかり、警察に通報された後、保護者とともに指導を受けるという内容となっています。

特徴

 各場面ごとに、小学生がとった行動についてクイズ形式で是非を問うなど、子供たちに考えさせ、規範意識を醸成することを目的としています。

問題
万引き

問い合わせ先

警察本部少年課         083-933-0110(代表)

警察官
約束

(編集 少年課)