外部団体等との連携

外部団体等との連携

山口県サイバーセキュリティパートナーシップ

山口県サイバーセキュリティパートナーシップとは

多様化・巧妙化するサイバー空間の脅威に迅速かつ的確に対応するため、県警察と関係機関とのネットワークを構築し、県民がサイバー空間を安全に利用できるための各種被害防止対策を行うことを目的としてパートナーシップ協定を構築しました。
(平成28年4月11日、締結)
現在は、新たに損害保険事業者1社(平成30年8月30日、締結)と協定を締結し、サイバーセキュリティ対策に向けた産学官連携を図っています。

協定参画機関

「リーダーズパートナー」
サイバーセキュリティに知見を有する産学官民の関係機関です。

  1. 一般社団法人山口県情報産業協会
  2. 国立大学法人山口大学(メディア基盤センター)
  3. 山口県情報企画課
  4. 山口県教育庁学校安全・体育課
  5. 山口県ネットワークセキュリティ協議会
  6. 山口県サイバーテロ対策協議会
  7. 山口県よろず支援拠点
  8. あいおいニッセイ同和損害保険株式会社山口支店


「リレーパートナー」
サイバー空間を日常的に使用している会員で構成される関係機関です。
  1. 山口県商工会議所連合会
  2. 山口県商工会連合会
  3. 山口県老人クラブ連合会
  4. 山口県連合婦人会
  5. 山口県PTA連合会


サイバー防犯ボランティア

サイバー防犯ボランティアとは

サイバー防犯ボランティアとは、サイバー空間における防犯ボランティア活動を行う団体をいい、
  「犯罪被害防止のための教育活動」
  「広報啓発活動」
  「サイバー空間の浄化活動」
の3つの活動を中心に取り組んでいます。

「犯罪被害防止のための教育活動」とは
社会全体が安全安心してインターネットを利用できるよう、あらゆる機会を通じてサイバー防犯教室を行う活動のことをいいます。

「広報啓発活動」とは
警察が行うキャンペーンに参加したり、被害防止に関する防犯チラシの配布を行う等して、県民の防犯意識を高める活動のことをいいます。

「サイバー空間の浄化活動」とは
サイバーパトロールによりインターネット上の違法・有害情報を発見し、インターネットホットラインセンター(IHC)などに通報する活動のことをいいます。

サイバー防犯ボランティア募集

山口県警察では、サイバー空間の安全安心のための各種活動を社会全体で取り組む活動を推進しています。
サイバー防犯ボランティアに興味のある方は、山口県警察生活環境課又は最寄りの警察署まで連絡ください。

サイバー防犯ボランティア募集!! (PDF形式 : 521KB)

主な活動内容

ここでは、山口県内サイバー犯罪対策に関する活動内容について随時紹介していきます。

 

(編集 生活環境課)