ホーム くらしの安全暴力団・拳銃・薬物めざそう!拳銃のない安全な社会

めざそう!拳銃のない安全な社会

 平成30年中における銃器情勢は、 銃器発砲事件数が、平成20年に年間50件を下回って以降、引き続き低水準で推移し、平成30年は銃器発砲を伴う暴力団の対立抗争事件が発生しなかったこともあり、8件と前年に比べ減少しました
 依然として平穏な市民生活に対する重大な脅威となる銃器発砲事件が発生していることから、警察では、拳銃等銃器使用犯罪を防止するため、拳銃等銃器の摘発や取締りを強化し、安全に暮らせる社会を守るための活動を推進していますので、皆さんのご協力をお願いします。

銃器発砲事件の推移(全国)

区    分 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
発砲件数 32 8 27 22 8
  うち暴力団等 19 8 17 13 4
死者数 6 1 5 3 2
負傷者数 4 3 6 5 1

*「暴力団等」の欄は、暴力団等によるとみられる銃器発砲事件数を示し、暴力団構成員等による銃器発砲事件数及び暴力団の関与がうかがわれる銃器発砲事件数を含みます。
  
 ○ 銃器発砲件数は8件で、前年対比14件減少しました。

拳銃(拳銃様のものを含む)使用事件の推移(全国)

区    分 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
認知件数 82 58 71 60 43
  うち殺人 12 5 12 9 3 
  うち強盗 26 16 24 19 10
  その他 44 37 35 32 30

○ 拳銃使用事件の認知件数近年減少傾向にあります

拳銃の押収丁数の推移(全国)

区   分 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
押収丁数 406 383 341 360 315
  うち暴力団 104 63 54 79 73

* 「暴力団」の欄は、暴力団からの拳銃押収丁数を示し、暴力団の管理と認められる拳銃の押収を含みます。
* 拳銃の押収丁数は、実務統計(警察庁において調査等により集計する数値)によります。

 ○ 拳銃の押収丁数、長期的には減少傾向にあるところ、平成30 年は315丁過去最少となりました。

銃器発砲事件の推移(山口県)

区   分 平成26年 平成27年 平成28 平成29年 平成30年
発砲件数 0 0 0 0 0
  うち暴力団等 0 0 0 0 0

 ○ 平成21年以降、県内での発砲事件の発生はありません。

拳銃の押収丁数の推移(山口県)

区   分 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
押収丁数 2 8 2 9 3
  うち暴力団 0 0 0 6 1

* 「暴力団」の欄は、暴力団からの拳銃押収丁数を示し、暴力団の管理と認められる拳銃の押収丁数を含みます。

 ○ 平成30年中の押収丁数は3丁で、うち暴力団からの押収丁数は1丁です。

(編集 組織犯罪対策課)