ホーム くらしの安全うそ電話詐欺(悪質商法)ニュース

ニュース

非常事態!1か月で約1憶6,000万円の被害!

 県内では、令和2年12月の1か月の間に約1億6,000万円の被害を認知しています!
 犯人らは、警察官や弁護士、金融機関や防犯協会の職員など様々な身分を名乗り、現金をだまし取ろうとしてきます!
 うそ電話の被害を防ぐ合言葉は「れいわ」です!
     れ ~ 冷静になって対応!焦りは禁物!
     い ~ いつも留守番電話で詐欺撃退!
     わ ~ 私は大丈夫と思わない!

 不審な電話があったら、家族や知人等に相談するとともに、躊躇せずに警察へ通報してください!
     

非常1
介護施設2

うそ電話詐欺被害者へのアンケート結果

うそ電話詐欺の被害者に回答をいただいたアンケート結果は以下のとおりとなります。
うそ電話詐欺被害の8割は固定電話に架かってきたものであり、手口も様々で、新しい巧妙な手口も出現しています!
被害を防止するために「留守番電話の設定」「防犯機能付き電話の活用」が効果的です!

アンケート
アンケート2



キャッシュカードがだまし取られる被害に注意!

  犯人は金融機関職員等に成りすまして
     〇 令和になったのでキャッシュカードが使えなくなる
     〇 カードを交換する必要がある
     〇 手続のため暗証番号が必要
     〇 カードは職員が受け取りに行く
などと言ってキャッシュカードをだまし取ろうとします。

キャッシュカードを受け取りに来るのは詐欺!!
絶対に渡してはいけません!!

だまし





警察官等をかたる不審電話に注意!

 山口県内では、警察官や防犯協会をかたり、「詐欺の犯人を捕まえたら、犯人が持っていた名簿にあなたの名前があった」等という不審な電話も発生しています。
 この手口は「口座が不正に使用されている可能性がある」、「口座を調べるためにキャッシュカードや通帳を預かる」等と言って、キャッシュカード等をだまし取る手口に発展する可能性があります。
 警察や公的な機関が、「現金」、「通帳」、「キャッシュカード」を預かることは絶対にありません!


警察官かたり




報道・ニュースを悪用する詐欺に注意!

 犯人は、テレビや新聞で報道されている内容を利用して、「うそ電話詐欺」の電話をかけてきます!
 犯人は、報道されている内容(事件や社会問題)に、あなたが関係しているように思わせて、キャッシュカードや現金を要求してきます! 

ニュース

災害に乗じたうそ電話詐欺、悪質商法に注意!

「年金情報流出」名目の不審電話に注意!




架空請求のはがきやメールに注意!

 自宅に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」とのはがきが届いたり、携帯電話などに「有料動画の未納料金が発生しています。」とのメールが届いたりしていませんか?
 これらのはがきやメールはうそ電話詐欺の手口です!


架空




被害を防止するために!

 県民の皆様がうそ電話詐欺の被害に遭わないために、山口県警察では被害防止に向けての対策等について広く呼びかけております、また、最新の手口や県内でのうそ電話詐欺の発生情報などメールマガジンにて配信していますのでご活用ください。

被害を防止するために!

うそ電話詐欺被害防止情報メールマガジンの運用開始

(編集 生活安全企画課)