ホーム くらしの安全うそ電話詐欺(悪質商法)うそ電話詐欺

うそ電話詐欺


★「うそ電話詐欺」とは★
 
 今まで「特殊詐欺」又は、「振り込め詐欺等特殊詐欺」と呼称していましたが、「うそ電話詐欺」の名称を使用することになりました。

 これは、電話による詐欺のイメージが県民の皆さんにストレートに伝わるように改称したものです。

 また、これまでの振り込め詐欺を「特殊詐欺主要4類型」、買え買え詐欺を「特殊詐欺その他」に呼称を変更し、新たに「キャッシュカード詐欺盗」(特殊詐欺類似窃盗)という手口が追加されています。


  うそ電話詐欺 = 特殊詐欺主要4類型 + 特殊詐欺その他
             + キャッシュカード詐欺盗(特殊詐欺類似窃盗)




★警察から御協力のお願い★
 
 特殊詐欺被害防止に向けて警察では、各金融機関に対し、顧客の皆様に対する預貯金の引き出しや、送金の際の声かけについて協力のお願いをしております。

また、被害防止に向けた警戒活動の一環として、警察官の立寄り警戒も行っています。

皆様方の御協力をお願いいたします。

 
 

うそ電話詐欺被害認知状況(令和元年9月末:暫定値)

 「うそ電話詐欺」は「特殊詐欺主要4類型」「特殊詐欺その他」「キャッシュカード詐欺盗」(特殊詐欺類似窃盗)の件数等の合計です。
 「キャッシュカード詐欺盗」は、平成30年から計上しています。

 

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

特殊詐欺主要4類型

山口県内での特殊詐欺主要4類型被害認知状況(R1年9月末:暫定値)

 下記「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金等詐欺」の件数等の合計です。
 

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

オレオレ詐欺とは

 家族、親族、官公庁職員などになりすまして、示談金や借金返済、過払い金の手続などを名目に、現金を振り込ませたりする手口です。

山口県内でのオレオレ詐欺被害認知状況(R1年9月末:暫定値)

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

オレオレ詐欺 : 被害にあわないためのポイント

  1. 自分から子供や孫などの名前を言わず先に相手に名乗らせましょう。
    ※ 事前に入手した名簿などで家族の名前などを調べていることがあるので注意しましょう。
  2. 不審に思ったときは、本人やその家族に連絡を取って事実を確認してください。
  3. 特に「携帯電話の番号が変わった」、「風邪を引いた(声が変わった)」という知らせには注意してください。
  4. 官公庁職員がキャッシュカードを受け取ることはありません。「代わりに手続します。」と言われても絶対にキャッシュカードを渡さないでください
  5. 警察や弁護士を名乗るときは、その所属する警察署や法律事務所を聞いて、一旦電話を切り、相手方の言う電話番号ではなく、NTTの番号案内(104)などで電話番号を確認してかけなおしましょう。
  6. 事実が確認できない時や不審に思ったときには遠慮なく警察に通報(110番)してください。

架空請求詐欺とは

 「最終通告書」や「債権回収通告」などといった題名で、「滞納した借金や有料サイトの使用料(登録料や延滞料)を支払わなければ財産を差し押さえる、裁判になる」という葉書や封書、電子メールなどを送りつけ、お金の振り込みを要求する手口です。

山口県内での架空請求詐欺被害認知状況(R1年9月末:暫定値)

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

架空請求詐欺 : 被害にあわないためのポイント

1 利用した覚えがなければ、請求の電話があってもはっきりと断ってください。
2 送りつけられた葉書、封書、メール等に記載されている連絡先に連絡しないでください。
3 見覚えのない送信元からのメールに表示されているアドレスにアクセス(クリック)しないようにしましょう。
4 発送元が裁判所の場合は、電話帳などで確認した裁判所の番号にかけて確認してください。

融資保証金詐欺とは

 「即融資可能!」などといったキャッチフレーズで、葉書、ダイレクトメール、電子メール等を送りつけて融資を持ちかけ、連絡先に電話すると、「融資するためには保証金を振り込んでもらう必要がある」などと言ってお金を振り込ませて騙し取る手口です。

山口県内での融資保証金詐欺被害認知状況(R1年9月末:暫定値)

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

融資保証金詐欺 : 被害にあわないためのポイント

  1. 正規な貸金業者であれば融資を前提にお金を振り込ませることはありません。
    事前にお金の振り込みを要求するものは要注意です。
    事前に振り込みを要求する名目として、特に多いのは「保証金(人)」、「信用実績(確認)」ですので、注意してください。
  2. 保証金を納めれば借入金データが抹消され、融資を受けられるというような国の制度はありません。
  3. 送りつけられてきたダイレクトメールや電柱広告の金融会社の中にはヤミ金融も多く含まれているので注意してください。 

還付金等詐欺とは

 「年金の払い戻しがある」、「電話料金の過払い金を返還する」などと関係機関等を名乗って電話をかけて、被害者を金融機関に赴かせ、携帯電話で連絡を取りながら還付手続を装ってATMを利用(操作)させ、実際にはお金を振り込ませる手口です。
  ※ ATM~現金自動預入れ支払機

山口県内での還付金等詐欺被害認知状況(R1年9月末:暫定値)

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

※ 被害額は、万円以下四捨五入しています。

還付金等詐欺 : 被害にあわないためのポイント

1 役所などが還付手続でATMを利用(操作)させることはありません。
  還付手続のためATM設置場所へ行くよう指示する電話は詐欺電話だと疑いましょう。
2 お金が返ってくるといった内容の電話を受けた場合に確認する連絡先は、相手が教示した連絡先ではなく、電話帳などで連絡先を
 調べて、正しい連絡先に確認しましょう。
3 ATMの利用限度額を引き下げておけば、万が一騙されたとしても、被害を最小限度に抑えることができます。
  詳しくは、最寄りの金融機関にお問い合わせください。

うそ電話詐欺被害防止音楽コーナー

 うそ電話詐欺被害防止に役立つ音楽がダウンロードできます。
 振り込め詐欺被害防止ソング  「オレってだれ!!」 
 周防大島町出身の兄弟デュオ「マウンテンマウス」が歌う、リズミカルな広報啓発ソングです。

ダウンロードはこちら

公益財団法人警察協会「ビデオライブラリー」の案内

 振り込め詐欺の再現ビデオを見ることが出来ます。
 ※ 公益財団法人警察協会「ビデオライブラリー」のホームページに繋がります。

「ビデオライブラリー」はこちら

(編集 生活安全企画課)