ホーム くらしの安全サイバー犯罪フィッシング110番

フィッシング110番

  金融機関や企業等を装って個人情報をだまし取るといった「フィッシング詐欺」が増加しています。
  近年では、手口も多様化しており、様々な手口で個人情報をだまし取る被害も増加しています。
  フィッシングに関する情報提供や被害等に遭ってしまった方は、フィッシング110番にご連絡してください。

フィッシングとは

  実在する銀行やクレジットカード会社、オークション会社などの企業を装い、電子メールやホームページを用いて個人の金融情報やID・パスワードなどを入力させるなどして、不正に個人情報等を盗み出す手口です。
  不正に入手された個人情報は、他人になりすまして不正アクセスが行われたり、インターネットバンキングからお金が引き出されるなど、悪用される可能性があります。

聞き出そうとする個人情報の例

・ クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
・ 住所、氏名、電話番号
・ オンラインバンキング、オークション、プロバイダ、電子メール等のID、パスワード

フィッシング詐欺の主な事例

  1. クレジットカード会社から「情報確認のため」などとメールが来たので、メールに記載してあるURLにアクセスした。表示された画面にクレジットカード番号や口座番号などを入力したところ、個人情報を盗み取られた。
  2. 「システムトラブルが発生した」という内容のメールが送られてきたので、ID・パスワードを入力したところ、不正に利用された。

被害防止対策

  1. 金融機関やオークション会社等からのメールが届き、個人の情報(クレジットカード番号、暗証番号、ID、パスワード等)をインターネット上で入力するよう求められた場合には、安易に情報を入力することなく、送られてきた金融機関やオークション会社等に直接問い合わせるなどしましょう。
  2. ウイルス対策ソフトを導入し、常に最新の定義ファイルにしておきましょう。

フィッシング110番

  「フィッシングサイトを発見した」「フィッシングメールが送られてきた」「フィッシングの被害に遭ってしまった」という方は、最寄りの警察署又は下記の「フィッシング110番」へご連絡ください。
(※  企業の方についても、顧客が騙されることのないよう注意喚起をよろしくお願いします。)
  

  フィッシング110番
  cyber.soudan@police.pref.yamaguchi.lg.jp

フィッシング関連サイト

  フィッシング詐欺に関する事例情報、技術情報の収集及び提供を行い、フィッシング詐欺被害の抑制を目的としたサイトです。
  フィッシング対策協議会

(編集 生活環境課)