ホーム 交通安全運転免許更新・再交付・記載事項変更運転免許証の再交付手続のご案内

運転免許証の再交付手続のご案内

運転免許証(以下「免許証」といいます。)を亡失・滅失等された方は、再交付申請をすることができます。手続は、次のとおりです。

申請者

本人(代理人による申請はできません。)

申請要件

・ 亡失、滅失、汚損、破損したとき
・ 住所、氏名等の免許証の記載事項変更の届出をしたとき
・ 免許に条件を付され、又はこれを変更されたとき
  (例) AT車限定を解除した場合など
・ 免許証の備考欄(裏面)に免許に付された条件又は記載事項の変更に係る記載を受けているとき
  (例) 既に住所、氏名等を変更している場合、限定解除している場合など
・ 免許証に表示されている写真を変更しようとするとき
  (例) 病気の回復等により容貌が変化した場合など ※ 理由に制限はありません。
・ 公安委員会が相当と認めるとき
  (例) 免許証の有効期間の末日について、西暦表示に変更を希望する場合、免許証の臓器提供の意思表示欄を変更する場合など

受付日時・場所

山口県総合交通センター

月曜日~金曜日(祝日、振替休日及び年末年始の休日を除く。)
 ・   8時30分~9時30分
 ・ 13時00分~14時00分
 ※ 日曜日は手続できません。
 ※ 即日交付(申請者が多い場合、交付までに1~2時間かかることがあります。)


 山口県総合交通センターでは、
   ○ 免許証の住所が山口県内の方
   ○ 免許証の住所が県外で、山口県内へ転入される方
の、再交付免許証の即日交付を行っています。 

 

県内の警察署(山口南警察署を除く。)

住所地を管轄する警察署以外の警察署でも手続が可能です。

月曜日~金曜日(祝日、振替休日及び年末年始の休日を除く。)
8時30分~16時30分

※ 約2週間後に、手続を行った警察署で交付します。

再交付申請日が免許証の更新期間内にあたる場合

再交付の申請日が、運転免許証の更新期間内にあたる場合には、更新手続と同時に免許証の再交付を受けることができます。

○ 受付時間・場所
   更新手続の受付時間・場所と同じ(幹部交番を除く。)
   ※ 詳細は「運転免許証更新の手続のご案内」をご覧下さい。

○ 山口県総合交通センターでの受付
    山口県総合交通センターでは、更新手続と同時の再交付申請の場合に限り、日曜日でも手続を行っていますが、亡失等した免許
  証に記載されている住所が「県外」である場合には、日曜日にこの手続はできません。
  

申請に必要な書類等

1  免許証(免許証の提示ができる方)
2  手数料 2,250円
  ※  更新と同時の再交付の場合は、更新手数料(申請手数料+講習手数料)のみ  
3  住民票等(記載事項に変更がある方)
 ○  氏名、本籍、国籍の変更
         変更事項が記載された本人名義の住民票(住民票は提出して頂きます。)
      ※   個人番号の記載がないものを用意してください。
      ※   住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等
         旅券等とは、旅券、外務省が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類をいいます。
   ○    住所の変更
          本人名義の住民票(コピー、個人番号が記載されているものは不可)又は住所を確認できる書類(健康保険証、特別永住者
    証明書、在留カード、本人宛の郵便物、水道・電気等料金の請求書などのうちいずれか1点)
          ※  転送された郵便物は確認書類として使用できません。
4   写真が必要な場合
      免許証に表示されている写真を変更する場合及び山口県公安委員会以外の都道府県公安委員会が交付した免許証を再交付
   申請する場合並びに申請者が事前に撮影した写真で免許証の作成を希望する場合は、申請用写真1枚
     ※ 縦3cm×横2.4cm、無帽(宗教上又は医療上の理由があれば顔の輪郭が識別できる範囲内で頭部を布等で覆う場合を除
        く。)、 無背景、正目、上三分身、6月以内に撮影した鮮明なもの

注意事項

・ 再交付手続ができる方は、免許証の住所が山口県内の方に限ります。
・  ICの毀損とは、故意又は過失によりICへの記録ができなくなった状態のことをいいます。
・ 免許証が再交付されるまでは、免許証不携帯の違反になります。
・ 免許証を紛失された方や盗難に遭われた方は、最寄りの警察署に遺失届や被害届の提出をお願いします。

お問合わせ先

山口県総合交通センター 083-973-2900(平日及び日曜日の日中)

(編集 運転免許課)