犯罪の発生状況

少年非行の概況

  平  成  29  年 平  成  30  年
総           数   17    9
刑法犯少年 犯罪少年   11    9
触法少年  2   0
特 別 法 犯 少 年  4   0
不 良 行 為 少 年   30   93

刑法犯の発生件数

    全刑法犯 凶悪犯 粗暴犯 窃盗犯 知能犯 その他
平成29年 認知 308 0 23 219 16 48
検挙 147 0 17 103 8 17
平成30年
(暫定値) 
認知 225 1 14 143 16 51
検挙 128 1 11 88 11 17
増   減   -83 1 -9 -76 0 -3

自転車盗にご用心

  山陽小野田署管内では、平成30年中、37件の自転車盗が発生しました。
  平成29年中に比べ、-19件減少している。約86.5%が鍵をかけずに盗難被害に遭っており、鍵をかける習慣を身につけることが重要です。

侵入盗防止

山陽小野田署管内では、平成30年中、11件の侵入盗が発生しました。
被害にあわないために、次のことに気をつけましょう。

◆ 室内に侵入するために狙われるのが窓です。

  •   短時間の外出でも確実に鍵をかけましょう。
  •     トイレ、裏口、二階にも鍵をかけましょう。
  •     防犯性の高いサッシやガラスにする。補助錠をつける。
◆ 犯人は、侵入しやすい家屋を探しています。
  •    二階に登る足場になるようなものを置かない。
  •    音が出るような玉砂利を敷く。
  •    死角になるような場所にセンサー付きライトを取り付ける。

うそ電話詐欺に注意

  平成30年中、県内では98件のうそ電話詐欺が発生し、被害総額は約3億3700万円でした。
 うそ電話詐欺の被害は件数ではわずかに増加していますが、被害総額にあっては、約1億円の減となっています。

あぶない、うそ電話詐欺かも

◆ 「電話番号が変わった」、「カードを預かる」、「必ず儲かる」は詐欺です。

◆ 3ない運動でうそ電話詐欺撲滅
 〇 電話に「すぐに出ない!」
      留守番電話設定や警告メッセージ付き通話録音装置を活用しましょう。
 〇 電話帳に「電話番号をのせない!」
    犯人は、被害対象者を電話帳から選んでいる場合があります。
 〇 電話で「長く話さない!」
    犯人から電話があったら、「家族に相談する」等と告げて電話を切りましょう。

◆ 家族・地域の絆による被害防止
   被害に遭いかけている人の周囲に、多くの「被害を止めてくれる人(被害防止の目)」 が
   いれば、被害防止に繋がっていきます。
     あなたも「被害を止めてくれる人」に! 

(編集 山陽小野田警察署)