ひまわりの絆プロジェクト

「ひまわりの絆プロジェクト」とは?

 平成23年11月、京都府内で当時4歳の男の子(東 陽大(あずま はると)ちゃん)が交通事故で亡くなりました。
 陽大ちゃんは事故前に幼稚園で育てたひまわりの種を持ち帰り、お母さんと一緒に育てようと約束をしていました。
 約束は果たせませんでしたが、御家族がその種を自宅に植えたところ、夏には立派なひまわりが咲きました。
 御家族は、
     一生懸命咲いた陽大のひまわりを知ってほしい
     交通事故がなくなってほしい
という思いを込めて、当時支援を受けていた警察官に種を託しました。
 その願いと陽大ちゃんのひまわりの種が、一人の警察官からひとつの警察署へ、ひとつの警察署から京都府警察全施設へ、京都府警察から全国の警察へと広がっている活動を「ひまわりの絆プロジェクト」と呼びます。

ひまわりの絆プロジェクトパンフレット

 下松警察署もこのプロジェクトに賛同し、平成30年から活動を始めています。

平成30年 下松警察署の活動

 「警察署内で
 5月、下松警察署の花壇に交通事故撲滅を祈り、陽大ちゃんのひまわりの種から育てた苗を植えました。
 多くの署員が参加し、署員全員で大切に育てました。

警察署で種植え

 6月の豪雨にも負けず立派に育ち、夏の全国交通安全運動に合わせるように、7月には大きなひまわりが咲きました。
 陽大ちゃんのひまわりは、警察署の中でも存在感を示し、警察署を訪れる方々の目の保養に一役買いました。

警察署のひまわり

 9月には夏の間、大輪を咲かせてくれたひまわりの花を乾燥させて種を採取しました。
 これから多くの市民にプロジェクトに参加してもらうため、下松警察署員が仕事の合間を縫って、手作業で大量の種を選別しました。

種の選別

 あわせて交通事故撲滅とプロジェクトの更なる発展を願って、ひまわりの種が入ったパンフレットを作成しました。
 下松市内の教育機関、企業、各種団体に対して協力を求めたところ、多くの方々からのご賛同をいただき、プロジェクトに参加していただきました。
 平成31年の夏には下松市内のあちらこちらで、大きなひまわりが咲くはずです。

(平成31年3月時点)

「他の活動」

「警察官舎で」
 警察官舎でも、ひまわりを育てました。
 夏には2mを超す立派なひまわりが育ちました。

警察官舎のひまわり

「署員の自宅で」
 プロジェクトに個人で参加して自宅で育てる署員もいました。
 庭には立派なひまわりが咲き、夏を\感じる一コマとなりました。

自宅のひまわり

「下松市農業公園で」
 5月は下松市農業公園の一角で、久保小学校の児童50名とともに交通事故撲滅を願って陽大ちゃんのひまわりを植えました。

農業公園で種植え

 そして7月には大輪の花が次々と咲きました。
 酷暑にも負けず、どの花も夏を耐え抜き見事に咲いてくれました。

農業公園のひまわり

最後に


 下松警察署では、この“絆”を広げるため、様々な活動を通じて、多くの下松市民、山口県民の方への参加をお願いしています。
 自宅や職場などで陽大ちゃんのひまわりを植え、プロジェクトに参加したい、興味があるという方は、

     下松警察署  電話番号:0833-44-0110(担当:警務課)
     ※ 平日の午前8時30分から午後5時15分まで

にご連絡ください。
 皆さんのご協力をお待ちしています。

敬礼

 「ひまわりの絆プロジェクト」に関する詳しい説明は下記のPDFをご覧ください。

    ひまわりの絆プロジェクト 下松警察署編
   ※ 下松警察署が独自に作成したものです。

(編集 下松警察署 倉吉)