交通事故の発生状況

交通事故の発生状況(令和元年中)

  平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年  平均  
人身事故件数 225 217 150 172 138 180.4
死者数 3 3 0 2 2 2.0
負傷者数 269 256 182 210 169 217.2
物損事故件数 1,756 1,729 1,725 1,766 1,657 1,726.6

【令和元年中の交通事故の特徴】
■ 発生件数
   人身事故(-34件)、負傷者数(-41件)、物損事故件数(-109件)、死者数(±0件)
■ 発生時間
   7~10時が35件(25.4%)、16~19時が32件(23.2%)と多発
■ 発生場所
   国道35件、県道46件、市道51件、その他6件
■ 年齢別死傷者数
   交通事故傷者数のうち、65歳以上の高齢者は30人(17.8%)
   事故の第一当事者となる高齢ドライバーの負傷者数は50人(29.9%)
■ 違反別発生件数
   人身事故のうち事故の原因は安全運転義務違反(前方不注視、安全不確認)が69件(50.0%)
■ 事故の形態
   車両相互が108件(78.3%)と多発
  

(編集 下松警察署)