ホーム くらしの安全うそ電話詐欺(悪質商法)捜査の過程で押収した名簿を活用した被害予防対策

捜査の過程で押収した名簿を活用した被害予防対策

概要

 全国の警察が、うそ電話詐欺などの事件を捜査する過程において犯人グループが犯行に利用した名簿を押収した際に、これを警察庁において集約してデータ化し、名簿に登載されている方が居住する都道府県警察へ還元して、その方を対象とした注意喚起を行います。

対策を行う理由

 うそ電話詐欺などの捜査の過程で押収した名簿に登載されている方は、犯人からの連絡を受け、うそ電話詐欺などの被害に遭う可能性が高いものと思われます。
  そこで、被害を未然に防止することを目的として、名簿に登載されていた方に対して電話などにより、個別の注意喚起を行っています。

対策の方法

 山口県警察では、名簿に登載されている方に対して、「うそ電話詐欺被害防止コールセンター」からの電話による注意喚起を行うなどの被害を予防するための対策を行っています。

名簿に登載されていた理由

 いつ、どこで、何の事件で押収した名簿情報なのかといった経緯等については分かりません。

(編集 生活安全企画課)