ホーム くらしの安全子供を守る子供の安全対策いかのおすし

いかのおすし

 警察では、知らない人から声をかけられたり、連れて行かれそうになったときには 
   「いかない」
   「らない」
   「おごえをだす」
   「ぐににげる」
   「らせる」
という「いかのおすし」の約束を合言葉として、子供に対して被害防止を呼び掛けています。 
 ご家庭や学校、地域全体でも「いかのおすし」の約束を繰り返し教えて、犯罪被害に遭わないための意識づくりをしていただくようお願いします。
 「いかのおすし」の約束を盛り込んだ防犯チラシやぬり絵をご活用ください。

reader

(編集 生活安全企画課)