ホーム くらしの安全防犯ボランティア活動大学生防犯ボランティア大学生防犯ボランティア取組紹介

大学生防犯ボランティア取組紹介

2012年取組紹介

振り込め詐欺、自転車盗被害防止キャンペーンの実施(2/15)

 FPC(宇部フロンティア大学)がフジグラン宇部で、振り込め詐欺、自転車盗被害防止キャンペーンを実施しました。

キャンペーン

振り込め詐欺被害防止キャンペーンの実施(4/21)

 YUSA(山口大学)桜SA(山口県立大学)が、「久留米田主丸植木まつり」の会場で、振り込め詐欺被害防止広報を実施しました。

キャンペーン

大学生防犯ボランティア研修会を開催(5/13)

 5月13日、県内の大学生防犯ボランティアが一堂に会し、大学生防犯ボランティア研修会を開催しました。
 当日は、山口市きらら浜で行われた、全国植樹祭会場のクリーンアップ作戦に参加した後、宇部市にある全国初の参加・体験型防犯学習施設である「生活安全ふれあい館」に移動し、研修会を行いました。
 研修会では、学生の身近で発生する自転車盗の被害防止対策や、県内で多発傾向にある振り込め詐欺被害防止について座学講習や、展示施設を使用した、体験型の犯罪被害防止講習が行われました。

研修会1
研修会2
研修会3

大学生防犯ボランティア団体が活動を開始(7/4)

 7月4日、岩国短期大学の防犯ボランティア団体「PKI(PEACE KEEPING 岩国短期大学)」が活動を開始しました。
 当日は、岩国警察署長から防犯ボランティア団体としての委嘱状を受けた後、JR岩国駅前で防犯広報を行いました。

委嘱式1
委嘱式2
キャンペーン

ラッピングバスをデザイン(10/4)

 山口県と山口県警察が共同して、振り込め詐欺や利殖勧誘事犯の被害防止を呼びかけるラッピングバス13台を運行することとなり、県下7大学の防犯ボランティア団体からデザインを募集したところ、数ヶ月をかけて振り込め詐欺等被害防止の強い熱意が感じられるデザインを完成させました。
 10月4日、第一陣車両3台が完成してラッピングバスの出発式が開催され、大学生防犯ボランティアの県組織「VOYS」に、山口県環境生活部長、山口県警察生活安全部長連名の感謝状が贈呈されました。

大学生防犯ボランティアがデザインしたラッピングバスはこちら (PDF形式 : 171KB)

ラッピングバス1
ラッピングバス2
ラッピングバス3

2013年取組紹介

大学生防犯ボランティア交流・研修会の開催(5/26)

 山口県下8大学で活動している防犯ボランティア団体相互の連携と、サイバー防犯ボランティアの育成等、活動のスキルアップを目的に、宇部市の「生活安全ふれあい館」で交流・研修会が行われました。
 研修では、犯罪情勢やボランティア活動を行う上での留意事項の説明、サイバー防犯ボランティアとしての活発な活動を依頼、そして護身術の実技指導を受け、同施設を見学しました。
 また、昼食時は、他団体の学生と合同で食事をとる交流昼食会として、各団体の活動内容や状況等について情報交換する場となりました。

集合写真
研修会1
研修会2

新たな大学生防犯ボランティア団体が活動を開始(7/11)

 7月11日、山口学芸大学の防犯ボランティア団体、山口学芸大学セキュリティパトロールが新たに活動を開始しました。
 当日は、防犯ボランティア団体の代表者が、山口南警察署長から委嘱状を受け取り、代表者により決意表明を行いました。
 翌日には、JR上郷駅前において、防犯連絡所指導員とともに防犯広報を行いました。山口学芸大学セキュリティパトロールの結成により、県内の大学生防犯防犯ボランティア団体は9団体となりました。

委嘱式1
委嘱式2
キャンペーン

2014年取組紹介

大学生防犯ボランティア交流・研修会の開催(7/5)

 徳地青少年自然の家において、大学生防犯ボランティア団体を一堂に会する交流・研修会を開催しました。
 同会では、午前中、担当警察官から最近の犯罪情勢、防犯CSR活動の説明等があり、また、山口県消費生活センター職員による悪質商法の手口、対処方法を学びました。
 昼食後、各団体混成チームでディスクゴルフを行い、勝利に向かって各チーム一丸となって、協力し合い交流を深めることができました。

教養状況
ディスクゴルフの状況
集合写真

reader

(編集 生活安全企画課)