ホーム くらしの安全子供を守るキッズ広場警察官(けいさつかん)のお仕事(しごと)

警察官(けいさつかん)のお仕事(しごと)

住(す)み良(よ)さ日本一(にほんいち)の山口県(やまぐちけん)をめざして!山口県警察(やまぐちけんけいさつ)はこんな仕事(しごと)をしています。

警務部門(けいむぶもん)

けいむ

 みなさんから相談(そうだん)を受(う)け、犯罪(はんざい)や交通事故(こうつうじこ)の被害(ひがい)にあわないような方法(ほうほう)をアドバイスしたり、警察(けいさつ)に届(とど)けられた落(お)とし物(もの)を持(も)ち主(ぬし)に返(かえ)したりする仕事(しごと)をしています。
 また、おまわりさんになりたい人(ひと)を募集(ぼしゅう)して、一人前(いちにんまえ)のおまわりさんにするための教育(きょういく)をしたり、警察署(けいさつしょ)、交番(こうばん)・駐在所(ちゅうざいしょ)やパトカーを管理(かんり)する仕事(しごと)もしています。

生活安全部門(せいかつあんぜんぶもん)

せいあん

 みなさんが安全(あんぜん)で安心(あんしん)して暮(く)らせるように、地域(ちいき)の方(かた)などと協力(きょうりょく)して、犯罪(はんざい)を防(ふせ)ぐ仕事(しごと)をしています。
 また、子(こ)どもたちが「悪(あく)」の道(みち)に進(すす)まないようにする取組(とりくみ)やインターネットを利用(りよう)した犯罪(はんざい)の取締(とりしま)りも行(おこな)っています。

地域部門(ちいきぶもん)

ちいき

 制服(せいふく)のお巡(まわ)りさんが、パトカーなどで街(まち)をパトロールし、110番通報(ばんつうほう)が入(はい)ると事件(じけん)・事故(じこ)の現場(げんば)に急行(きゅうこう)します。交番(こうばん)や駐在所(ちゅうざいしょ)では、みなさんの家庭(かてい)を訪問(ほうもん)して防犯指導(ぼうはんしどう)をしたり、要望(ようぼう)を聞(き)いたりします。
 ヘリコプターや警備艇(けいびてい)でもパトロールを行(おこな)い、地域(ちいき)の安全(あんぜん)を守(まも)っています。

刑事部門(けいじぶもん)

けいじ

 ドロボウや殺人犯人(さつじんはんにん)をつかまえたり、暴力団(ぼうりょくだん)を取締(とりしま)る仕事(しごと)をしています。
 事件現場(じけんげんば)では、証拠(しょうこ)を集(あつ)めたり、近所(きんじょ)の人(ひと)たちに話(はなし)を聞(き)いたりして、犯人(はんにん)をつかまえます。
 犯人(はんにん)をつかまえたら、取調(とりしら)べをして、事件(じけん)の真相(しんそう)を明(あき)らかにします。

交通部門(こうつうぶもん)

こうつう

 県民(けんみん)にとって最(もっと)も身近(みじか)な危険(きけん)である交通事故(こうつうじこ)を防(ふせ)ぐための交通指導取締(こうつうしどうとりしま)りや交通事故現場(こうつうじこげんば)での事故捜査(じこそうさ)などを行(おこな)います。 
 また、みなさんに正(ただ)しい交通(こうつう)ルール・マナーを身(み)につけていただくための交通安全教室(こうつうあんぜんきょうしつ)などを開催(かいさい)しています。

警備部門(けいびぶもん)

けいび

 地震(じしん)や台風(たいふう)などの自然災害(しぜんさいがい)からみなさんを守(まも)る仕事(しごと)をしています。
 平成(へいせい)23年(ねん)に発生(はっせい)した東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)でも行方不明者(ゆくえふめいしゃ)の捜索(そうさく)などで活躍(かつやく)しました。
 そのほか、爆弾(ばくだん)を使(つか)った犯罪(はんざい)などの取締(とりしま)りもしています。

(編集 総務課(広報係))