山口南警察署

警察署協議会

警察署協議会とは?

警察署協議会は、警察署長が住民の皆さんの要望・意見を伺い、警察署の業務運営に民意を反映させるとともに、警察署長が警察署の業務運営について説明を行い、理解と協力を求める場でもあります。

警察署協議会は、警察と住民の皆さんが相互に理解を深めることを運営の基本として、平成13年6月1日に設置されました。

山口南警察署協議会は、8名の委員により構成され、年4回開催される定例会議において地域住民の代表者として地域の意見・要望を述べるほか、警察活動の視察等の活動を行っています。

地域における協議会委員の役割とは?

 警察の施策に地域の声を反映



  • 諮問事項に対する答申や協議会委員からの意見・要望は、警察署において十分に検討され、地域に即した形で各種警察施策や活動に反映されます。

  • 各種施策への反映結果については、警察署側から改めて協議会委員に報告されます。

     

  • 警察署側から「警察署として住民のためにできることは何か」ということに関して、住民の意見を知るために「諮問」を行い、これに対して、警察署協議会は、良好な治安の確保のために「警察はこういう活動をした方がよい」というような意見や提案などをすることが「答申」です。





協議会による自主的な取組



協議会への出席のみならず、安心・安全の地域づくりに向けて、協議会、また協議会委員の立場から、犯罪抑止対策や少年非行、交通事故防止対策などの様々な活動に警察と連携しながら、自主的な取組が行われています。



 





 


山口南警察署協議会委員

警察署協議会委員は、山口県公安委員会が公募、署長推薦、団体推薦の候補者の中から、地域性、年齢バランス、職域、性別等を考慮して選考し、8人を選出し委嘱しています。

山口南警察署協議会の委員は次の方々です。



会長    伊藤 清隆

副会長  藤井 清孝

委員    伊川孝道、今藤恵子、上野敦子、小川茂、古谷雅之、山下美代子

警察署からのお知らせ

山口南警察署メルマガニュース・モバイルニュースのご案内

速度取締り指針について

「速度取締り指針」は、警察署単位(地域)及び高速道路における交通実態や交通事故分析等を行い、 今後の速度取締りを実施する上で重点路線・時間帯等を公表することにより、 県民の方々に理解と共感の得られる速度取締りを推進するために策定したものです。

動画配信~反射材・ハイビーム活用促進ビデオ~

 反射材やハイビームの活用促進を図るための動画を作成しました。
 皆さん、ご覧になって、車がロービームで走行した際に、歩行者が反射材を着用している場合といない場合で、どれほど見え方が違うのかを比較して下さい。

Flash

(編集 山口南警察署)