ホーム 交通安全運転免許道路交通法の一部改正について

道路交通法の一部改正について

道路交通法の一部を改正する法律が平成29年3月12日に施行されます。新たな制度の概要は次のとおりです。

  1. 高齢運転者対策

  • 臨時認知機能検査制度の導入
   75歳以上の方(運転免許を現に保有している方)が一定の違反行為をしたときは、その方に対し、臨時の認知機能検査を行います。

 
  • 臨時高齢者講習制度の導入
   臨時の認知機能検査を受けた方が、認知機能が低下するなど一定の基準に該当するときは、その方に対し、臨時の高齢者講習を行います。

 
  • 臨時適性検査等の規定の整備
   認知機能検査や臨時認知機能検査を受けた方で、認知症のおそれがあることを示す一定の基準に該当したときは、臨時に適性検査を行い、又は医師の診断書の提出が必要となります。


新高齢者講習制度について
臨時認知機能検査制度等について
改正法Q&A

 
  1. 準中型運転免許の新設
  自動車の種類に「準中型自動車」が追加され、運転免許の種類として、「準中型自動車免許」が追加されます。

  準中型免許受験資格要件・・・18歳以上

準中型運転免許の新設

reader

(編集 運転免許課)